三聚陽光公司(集団)紹介
北京三聚陽光知識産権公司は中國國家知識産権局の特別許可を受けて2000年に設立した渉外専利代理機構です。北京本社のほかに、蘇州市、深圳市、溫州市、青島市、南昌市とモントリオールにブランチを設けています。

公司のメンバーでは、70名以上が高學歴を有する人、弁理士と弁護士が約百名、管理チームが十年以上の業務に従事した経験を有していますし、高級アナリスト、資産勘定士、知的財産権鑑定士、代理研究講師、國家知識産権局のリーディング?パーソン、特許実務人材、最高裁判所の知識財産判例指導研究(北京)根拠地専門委員會の専門家があります。専門分野は生物醫學、化學機械、自動化、電子通信、ソフトウェアなどなどが挙げられます。
企業文化
  • 目標

    一流の人材を凝集し
    良質のサービスを提供し
    輝かしい業績を創造する
  • 核心的価値観

    天を敬い、人を愛し、正攻法と奇襲を組み合わせ
    疎通と協力を行い、長期的な視野で刷新に取り組む
  • 企業のビジョン

    最も尊重される知的財産権
    サービス機関になることを目指す
北京三聚陽光知識産権公司は産業チェーンをそろえる知的財産権サービス機構であり、北京三聚陽光知識産権代理有限公司、北京三聚陽光知的財産権サービス有限公司と朗潤創新科技有限公司があります。知的財産権の出願、訴訟保護、戦略を立てること、諮問研究、知的財産権創新プロジェクトの見積りと投資などの知的財産総合サービスを提供する総合的知識産権公司であります

北京三聚陽光知識産権代理有限公司の業務分野は國內特許出願、PCT、パリ條約出願、國內商標意匠出願、マドリード商標、版権登記、馳名商標認定、レイアウトデザインなどが挙げられます。北京三聚陽光知識産権公司は”全國知識産権サービスブランド機構”、”知識産権分析評価サービス示範創建機構”、”中國十佳専利事務所”、”中國傑出知識産権訴訟グループ”、”北京市優秀知識産権サービス機構”、”中関村優秀知識産権サービス機構”、”知識産権管理標準化企業指導認定ワークの指定機構”などの稱號を獲得し、”北京商務サービス業優秀賞”を受賞します。

北京三聚陽光知識産権服務有限公司の業務分野は知的財産権の分析と評価、特許の見積もり、技術供與、投資分析と推薦。朗潤創新科技有限公司は北京三聚陽光知識産権公司が設立する全資産子公司であり、登記資金が1500萬、企業技術創新ポロジェクトの開発、國內の中小企業を手伝って効果的に中核特許を獲得して未來の競爭で主導権を握ることを目指して発展しています。知識財産権技術の開発を中心して、中核特許を持って見込みがよく成長期にある企業を手伝って、技術成果の転換を実現します。チームは多年の専門的な知的財産権サービスについての経験を持って、知的財産権の開発と整理に基づいて、知的財産権の立場からハイテクノロジーポロジェクトの価値を見積もって、知的財産権技術投資の元に企業の価値をアップすることができます。
三聚陽光大事記
  • 1

    2000年6月29日

    北京三聚陽光特許事務所設定しました。登録資本金20萬元でした。張傑が総経理に就任しました。

  • 2

    2004年11月29日

    北京三聚陽光特許事務所が北京三聚陽光知識産権代理有限公司に変更しました。登録資本金50萬元でした。張傑が董事長及び総経理に就任しました。

  • 3

    2005年

    4月  北京朗潤創新科技有限公司設定しました。

    11月 取扱い案件數が1000件に達しました。


     

  • 4

    2006年

    3月  國家知識産権局の公告第116號より「渉外機構」認定しました。

     

  • 5

    2007年

    1月 成為北京中關村企業信用促進會會員 11月 承擔海外知識產權預警和應急救助專項資金項目 (漢王科技股份有限公司、北京三聚環保新材料股份有限公司)
  • 6

    2008年

    5月  漢王科學技術股份有限公司と日本WACOM公司の特許無効訴訟案,漢王科學技術股份有限公司から感謝狀を受け、高い評価を得ました。

     

  • 7

    2011年

    5月 公司首次承辦國家知識產權局課題研究項目(印度知識產權環境研究項目)
  • 8

    2012年

    1月  弊社が請け負った“火力発電所スラグ除去システムにおける海外知識産権警告ポロジェクト”(北京國電富通科技発展有限責任公司)《參考情報·北京參考》動態ニュースページで報道されました。

    3月  蘇州支社を設定しました。

    6月  國家知識産権局より初のトップ47「全國知識産権サービスブランド機構」の稱號を獲得しました。

         初のトップ10個「中関村國家セルフイノベーション示範區優秀知識産権サービス機構」の稱號を獲得しました。

  • 9

    2013年

    6月  “三聚陽光2013年國際知識産権論壇”を開催しました。

    取扱い案件數が10000件に達しました。

    7月  江蘇省知識産権局局長朱宇が江蘇省知識産権各レベルリーダと特許代理機構管理者70人余りを連れて、弊社に參観しました。

         北京市知識産権局副局長周硯、産業促進処処長などの3人が弊社に參観して視察しました。董事長張傑、常務副総張建網などの10余り調査會議に參加しました。

     8月  北京市識産権局より「企業知識産権管理規範標準推行指導機構」の稱號を獲得しました。

         國家知識産権局より初のトップ26個「知識産権分析評議示範創立機構」の稱號を獲得しました。

    9月  深圳支社を設定しました。

    12月 北京市特許弁理士協會より「2013年度北京市優秀特許代理機構」の稱號を獲得しました。

         中國知識産権報より「2013年度一星專利代理機構」の稱號を獲得しました。

     

  • 10

    2014年

    3月  國家知識産権局長申長雨、江蘇省知識産権局局長朱宇、蘇州市高新區(虎丘區)黨工委書記浦栄皐などの20余りが三聚陽光蘇州支社會に考察しました。

    8月   南昌支社を設定しました。

    11月 思博ネットより「中國十佳専利事務所の稱號を獲得しました。

    12  中國初の専門知識産権訴訟案開廷、北京市知識産権法院宿遅院長、姜穎裁判長と儀軍法裁判官が合儀廷になって、北京三聚陽光知識財産権代理有限公司高級合夥人張韜が特許権利者の代理弁護士として応訴しました。

  • 11

    2015年

    1月  青島支社を設定しました。

         中國知識産権より「2014中國傑出知識産権訴訟グループ」の稱號を獲得しました。

    4月  北京三聚陽光知識産権サービス有限公司を設定しました。

    7月  南通支社を設定しました。

         無錫支社を設定しました。

    11月 「全國知識産権分析評議連盟加盟機構」になりました。

         北京易聚法律事務所を設定しました。

  • 12

    2016年

    6月   南京支社を設定しました。

        河南省知識産権局局長劉懐章、北京市知識産権局副局長王淑賢などのリードが弊社に考察して座談會に參加しました。

    9月   スポンサーとして、第七回中國特許情報年會に出席して、國家知識産権局局長申長雨先生が弊社の展ブース視察し発言しました。

    10月  弊社が崇禮清三営郷に貧困救済補助の活動を開催しました。

    12月  石家荘支社を設定しました。

       國家知識産権局特許局副局徐聡、中國弁理士協會秘書長徐媛媛などのりードが弊社の崇禮貧困救済の建設支援ポロジェクト視察しました。    

     

榮譽資質
領導關懷
公益在行動
亚洲人成电影在线观看